投稿者「macchan-dev」のアーカイブ

Zenfone4(ZE554KL)を買いました


周りがiPhone Xで騒いでいる中、Zenfone4を購入しました。

今まで使用していたNexus5Xが再起動ループを発症してしまい、復旧の見込みはないので新しいのを探していました。
つなぎに更に前に使用していたXperiaAでなんとかしのぎつつ、Pixel2を待ってみたものの日本の発売はなし。。。
もうどうにもならないので新調した次第です。
ファーウェイのP10 liteも候補にしましたがバックドア問題がまだ気になるのでASUSのZenfone4にしました。
Android8にも上がる予定になっているので楽しみですね。

箱の中身を全部出しました。

左上から

  • 充電器
  • USB Type-Cケーブル
  • イヤホン
  • イヤーピース
  • SIMピン
  • 外箱
  • 本体
  • スマホケース

スマホケースがついてくるなんて珍しいですね。

Zenfone4は、Snapdragon660・メモリが6GBのモデルとSnapdragon630・メモリ4GBの2つモデルがあります。
購入したのは前者のSnapdragon660・メモリが6GBです。
性能が良いのでしばらくは使えそうです。
手に持った感じはでかいですね。親指がバックキーに届かないですw
最近のスマホは大きいサイズばかりなので慣れるしかないですね。

すこし使った感じではキビキビ動いています。タップしたらすぐ動く感じです。
ゆったりとアニメーションして動くというよりかはすぐ、キビキビと動くイメージです。

スマホ交換と一緒にMVNOも変更しました。
iijmioを使っていましたが、スマホセットで購入すると安くなるのとキャッシュバックにひかれてBIGLOBEモバイルです。
ググった感じではまぁ悪くはなさそうなのかなと。すごい回線速度が早いわけではないけど、極端に遅くもならないのかなぁと。
それよりはキャッシュバック額の影響が大きいです。

以上です。


JavaでGoogleスプレッドシートを使う


最初に

Javaプログラムで処理した結果をスプレッドシートに出力したかったので、まずクイックスタートをやってみました。

公式ページ

使うのに必要なもの

スプレッドシートを使うにあたって必要な要件です。

  • Java1.7以上
  • Gradle2.3以上
  • インターネットとWebブラウザ
  • Googleアカウント

APIを有効にする

Step1のthis wizardのリンクをクリックする。
「APIを有効にする」の画面が表示される。
「プロジェクトを選択」をクリックする。
「+」アイコンをクリックする。
「新しいプロジェクト」画面に遷移。
「プロジェクト名」を入れ、「作成」ボタンをクリックする。

最初の「APIを有効にする」画面に戻るので、「プロジェクトを選択」から作成したプロジェクトを選ぶ。
G Suite APIsのSheets APIを選ぶ。
有効にするをクリックする。
Google Sheets APIのダッシュボード画面にある「認証情報を作成」をクリックする。

左ペインの認証情報をクリックする。
「OAuth同意画面」のタブを選択する。
メールアドレス、ユーザーに表示するサービス名を入力し、保存ボタンをクリックする。
「認証情報」タブを選択する。
認証情報を作成をクリックし、OAuth クライアントIDをクリックする。
アプリケーションの種類でその他を選択し、作成をクリックする。
「名前」に名称を入れる。
OKボタンをクリックし、ダイアログを閉じる。
JSONをダウンロードするアイコンをクリックしダウンロードする。
ファイルに適当な名前を付けて、Javaプロジェクトのディレクトリに置く。
例)client_secret.json

GradleでJavaプロジェクトを作成

公式ページにはgradleコマンドでプロジェクトを作成していますが、IntelliJ IDEAで作成しました。
Gradleで普通に作れば大丈夫です。

build.gradleのdependenciesに下記を追加します。
compile ‘com.google.api-client:google-api-client:1.22.0’
compile ‘com.google.oauth-client:google-oauth-client-jetty:1.22.0’
compile ‘com.google.apis:google-api-services-sheets:v4-rev478-1.22.0’

次にclient_secret.jsonをsrc/main/resources/に置きます。

実行

公式ページにあるサンプルソースをコピペして実行します。
初回起動時にはブラウザで認証が必要になります。
認証を行えば実行結果を得られます。

以上です。