ABC2016Springに行ってきました


ABC2016Springに行ってきました。

今回はAndroidメインではなくて、IoTに関わる事、機械学習が多いようでした。

Google TensorFlowとAndroidが繋がる未来

有山圭二さん
有限会社シーリス 代表

好みの画像を自動で収集したいという内容で、TensorFlowを触ってみようと思わせる素晴らしいものでした。
動機が明確なのが一番ですね。

Cloud Vision API and TensorFlow

佐藤 一憲さん
Google Cloud Platform Developer Advocate

Google Cloud Platform == The Datacenter as a Computer
データセンターまるごとを一つのコンピュータとしていて、
何千台のコンピュータをコマンド1つで使えるというすごい話だなと。

Cloud Vision APIが面白そうで、学習させる必要が無いというのがお手軽だし、
画像によっては緯度経度まで出るそうです。ストリートビューのデータを使っているそう。
カスタマイズが出来ないので、その場合は、TensorFlowを使いましょうとの事。

ビッグデータと機械学習が変えるソフトウェア開発

Microsoft 田丸さん

Skype Translatorが、英語、ラテン系の言葉ならほぼリアルタイムで変換できて、品質も良いとの事。
昔は、アルゴリズムを作って結果を出したが、
今は、ハードとかコストが下がっていてデータと機械学習で結果を出すのもあり。
HoloLensもアルゴリズムより機械学習を使っている。
Cortana APIというのがあるようです。

Androidを中心に紐解くIoT

Amazon 西谷さん

講演者のブログです。

デバイスとクラウドの接続パターン

  1. AndroidをBLEで繋いでゲートウェイとして使用
  2. Android自身をセンサーデバイスとなる(GPSとか)
  3. 収集、分析したデータを可視化などビューアとして使用。通知受ける。

AWS Mobile Hubを使うのが一番手っ取り早いのかなと思いました。
mBaaSではないので、それぞれのサービスを理解しどう組み合わせるか、
色々試してみたいです。

モバイル通信をプログラマブルに活用IoT通信プラットフォーム”SORACOM”

SORACOM 江木さん

IoTの課題

  • モノの接続方法
  • セキュリティ、通信プロトコル

上記課題をSORACOM SIM使うと解決しましょうという内容でした。
モノの接続方法には、Air。
セキュリティ、通信プロトコルには、Beam。
SORACOMの詳しい説明を初めて聞きましたが、
ネットワークに繋げる必要があるなら使ってみたいと思いました。
1年間の無料枠あり、詳しくはWebへとの事。

以上です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.